猫大好き主婦がブログを続けるとどんな変化がおきるのか

No Cat No Life 猫大好き主婦がブログを続けることで、どんなことが起きるのか検証するブログです

子供の英語育児を始めたきっかけ2

 

前回からの続きで

 

英語育児には英語の読み聞かせも重要だと感じて、英語絵本も図書館で借りたりしました。CDも一緒に借りられるのですが、人気のある有名な英語絵本YouTubeにも動画がアップさせれているので、近くに図書館がないよという方はおすすめです。

有名な英語絵本といえば、【Brown Bear Brown Bear What do you see?】です

YouTubeURL 

 

本やサイトなどで英語絵本のおすすめを調べていたのですが、図書館になかったり、難易度を選ぶのに迷ったりと少し困ることがでてきました。

 

常に情報収集はしていて、こちらの本を読んで【CTP絵本】というものを知りました。

ミセスミヤコの本

ネイティブの子供向けに作られた絵本で、緩やかに英語のレベルが上がっていくので

1から順番に読んでいけばいいというところに惹かれました。

また、ネイティブの子供も、最初から英語が話せるわけではなく、音読を繰り返すことで英語を習得していくという点も納得でした。

 

CDの音源もついているセットもあったので、試しに1セット買ってみました。CDの音源もsong,chant,echochant,readと4パターン入っています。

 

最初は私も力が入っていたので、さあCTP絵本読むよ!とやっていたのですが、子供たちは次第に嫌がるように…

それでもめげずに、車に乗ってる時や家の中でかけ流しを続けていたところ、いつの間にか子供達が口ずさむようになりました。

 

口ずさむようになったら絵本を見せつつ、音と文字を一致させるようにしました。我が子が自分で英語絵本を読んでる姿は、本当に感動しました。

 

現在では、長男(小3)はCDがなくても、一人読みがだいぶスムーズにできるようになっています。

次男(小1)は音を聞かせた後、一人読みができるという状態です。

三男(年中)は気に入った絵本は読めるという状態です。

 

CTP絵本は3人で使いまわせるので、非常に経済的です。

英語も言語であるので、国語と同様読み聞かせと音読が重要なんだとひしひしと感じています。

学校からの国語の宿題では、毎日音読があるので、それに合わせて英語の音読も引き続き並行してやろうと思います。

 

私の中で英語育児のおすすめ教材は【CTP絵本】です。 CTPの1セットは

CTP1~24まで購入しても5万弱だったと思います。

英語が聞けるようになり、文字が読めるようになり、話せるようになる下準備ができるし、3人分で使いまわせるので常に安上がりです。

 

近くに英語教室もあるのですが、一人につき月謝が7000円以上です。

これで3人通わせたら、かなりの出費です。

 

将来3人ともできれば大学進学してほしいと考えているので、出費を抑えるところは抑えたいというのが本音です。

 

英語育児を始めたいけれど、費用は抑えたいという方には【CTP絵本】おすすめです。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

小学生の英会話オンラインレッスンのテキストについて

前回のブログで子供の英語教育について書きました。

 

その中で、オンラインレッスンで使っているテキストを紹介したいと思います。

現在我が家の長男(小3)、次男(小1)は、ネイティブキャンプで、ほぼ毎日オンラインレッスンを受けています。

 

ネイティブキャンプではキッズコースで【Let's go】というテキストを使ってレッスンを受けています。このテキストは、英語が第2言語の子供たちのために作られています。

Let'sgoのレベルはLet'sBigin1~2、Let'sgo1~6と全部で8レベルあります。

長男⇒レベル5

次男⇒レベル3

三男⇒Bigin(三男はオンラインではなく、私とおうちレッスン)

 

 

今まではテキストにCDがついていたのですが、5thに改定されてOxfordのHPからテキストの音源が聞けるようになりました。オンラインレッスンでレベルチェックテストを受けることもできますし、レベルに迷う場合は、実際にHPで聞いてみるのがおススメです。

 

このテキストは本当におすすめです。音源をスマホに保存して、聞き流しさせているのですが、子供たちもいつの間にか口ずさむようになるんです。

 

5thに改定されてから、ドラムトラックというものが追加されたのですが、英語のリズムを覚えるのにすごくいいです。長男は英語のリズムがなじんでるのか、話すスピードが速いです。

 

文章は少なく絵が豊富でかつカラーなので、子供達もとっつきやすいようです。

 

さてさて、英語育児に熱く語っている私自身の英語力ですが、中学3年生徒の時に英検3級を取得し、その後は・・・というレベルです。

 

子供と英語を聞くようになり、長男も英検5級を受けたので、私も2020年1月に英検2級に挑戦しました(*ノωノ)結果は・・・合格(*ノωノ)

周りは学生さんばっかりで・・・めっちゃくちゃ恥ずかしかったです。

 

子供たちは小5までに英検2級合格が目標なので、2級の感じはつかめました。

長男は小3で4級合格できたので、小4で3級合格を目指します。

次男は小2で5級合格目指します。

 

継続は力なり!

 

読んでくださってありがとうございました。

子供の英語育児を家で始めたきっかけ

ブログ訪問ありがとうございます。uniです。

 

今日のお題は「子供の英語育児を始めたきっかけ」です。

 

子供達の英語育児と英語学習の状況

長男(小3)→小2で英検5級合格。小3で英検4級合格💮

次男(小1)→児童英検シルバー

三男(年中)→オンライン英会話で自己紹介できる。

 

【英語育児を始めたきっかけ】

夫は仕事で英語での会議があるので、ある程度は英語が使えます。けれど、やはりすごくできるわけではないので、英語で苦労はしています。

大学に入るにせよ、企業に入るにせよ英語が使えることが前提条件になってくるだろうと考えていること、なにより英語が使えたらコミュニケーションが全世界の人ととれると思ったからです。

 

 

【ぶつかった問題点】

そもそも子供の英語教育を何をどう始めたらいいのかわからないという壁にぶつかりました。長男が産まれたのは2012年。その頃は現在ほど英語育児の情報は多くありませんでした。

 

【解決策】

英語育児の情報を求めて図書館や本屋を探し回っていた時、私が図書館で見つけた本はこちらです

3ない主婦

留学もなし、お母さんも英語がペラペラと話せるわけじゃないのに、息子のキリ君は英語がペラペラになったという内容は当時本当に衝撃的でした。

 

そこからマザーグースをかけ流しを始めました。

マザーグースのCD

 

英語絵本の読み聞かせも必要だと感じ、英語絵本も図書館で借りたりしました。

ただ、私には幼児向けの英語絵本であってもハードルは高めでした。

幼児向けの英語絵本と言えど、結構一文章が長いのです・・・

CDも一緒に借りられたのですが、段々に苦痛になってしまいました。

 

 

今回は少し長くなってしまったので、続きは別記事に書きます。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

乳がん検診に引っかかった30代

ブログ訪問ありがとうございます。uniです。

 

 

ブログを始めて早々に、重たい話題です。今日は健康診断があって、行ってきました。

 

毎年、血液検査で中性脂肪の値が低すぎて、引っかかる位(血液カッサカサなのか?)なので、気楽〜に受けに行きました。

 

 

ところが行って早々、乳がんのエコー検査で、検査技師さんが入念にチェック。ダブルチェックで別の人に代わりチェック。

 

新人さん?だからかな〜なんて呑気に思ってました。次は先生視触診です〜と言われ診察室へ。

 

先生「何か気になることあります?」

 

私「さっきのエコー検査で右側がゴリゴリしてるなぁと思いました。」

 

先生「とりあえず、触診しますね…ここしこりあるのわかります?気づいてましたか?」

 

私「え!?」

触ってみると、確かにパチンコ玉位の丸いしこりがありました。

 

先生はさっき撮ったエコー画像を確認して

先生「念のため、マンモグラフィーもやりましょう。両方の診断があった方が、専門の先生も判断しやすいですし」

 

私「…わかりました。」

 

急遽、マンモグラフィーの検査を受けることに。看護師さんが手続きを進めてくれる中、

よくない物だったら困るなぁなんて呑気に思ってました。

 

マンモグラフィーの検査を受けるために、階を移動する間にちらっと検査結果を除くと、

左…乳腺症

右…腫瘤、カテゴリー3、要経過観察

との記載。

 

検査が終わってから、腫瘤、カテゴリー3で調べたら、良性とも悪性とも判断つかぬ。

 

ほとんどが良性のらしいけど、稀に悪性も5〜10%位あるとな。

要精密検査だったら、細胞診とかなのかな?針刺すのか…痛そうだな。

 

実は、叔母を40代前半で亡くしていて、その叔母も男の子3人のお母さんでした。膵臓がんでした。見つかった時には手遅れだったのか、まだ小学生だった子供3人を残して、あっという間に亡くなってしまいました。

 

私自身もまだ小さかったので、その頃の状況はあまりよく覚えていないのですが、子供達(私からみると従兄弟たち)は荒れて大変だったと言っていました。

私も同じく3人男の子のお母さん、体質も叔母の家系に似ていると思うと、正直不安です。

 

健康診断の結果が届くまで、少し不安な日々だなぁと。

健康診断の結果が早く届くという時は、状況が良くない場合が多いので早く来て欲しくないとは思うけど、結果が気になる。

 

すっきりした気持ちで、年越しできたらいいなぁと思います。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

はじめまして。自己紹介。

ブログ訪問ありがとうございます。uniと申します。

 

男の子3人兄弟の成長や日常のあれこれを綴ったブログです。

 

 

我が家は男の子3兄弟がいます。

長男9歳(小3)・次男7歳(小1)・三男5歳(年中)で2学年ずつ歳が離れています。

 

性格はおっとり長男、お調子者の次男・ひょうきんな三男と三者三様です。

 

男の子3人兄弟だというと、毎日大変そうと言われます。

おかげでだいぶ私もたくましくなったと思います。

 

日々の何でもない事など思ったことについて綴りたいと思います。

どうぞ気長にお付き合いくださいませ。

 

 

猫もくつろぎ、気持ちよさそうに眠っている短毛ちゃん

今日は土曜日。

猫は土日も(毎日)まったりです。

f:id:uni-life7:20201115071408j:image

ソファーでくつろぐ短毛ちゃん。気持ちよさそうね。足も美脚。

f:id:uni-life7:20201115071645j:image

踊ってるみたい。

 

 

小3からの中学受験について

我が家の子供は長男(小3)・次男(小1)・三男(年中)です。

 

 

小学校の勉強は長男も次男も特に問題なくついていけているようです。

田舎の公立小なので、特に難しいといったこともないので、ついていってもらわないと困るのですが・・・

 

長男が小学校に上がってから、県内に国立大付属小があるということを知りました。教育大学の付属なので、実験校?のような扱いですが教育に関してやはり熱心な学校です。

 

 

付属幼稚園もあるようで、幼稚園から入れば受験せずに付属小・付属中までエスカレーターで入れたとか…

付属中は募集人数が少ないので、入るのが結構大変なようです。長男は行ってみたいと言っているので、中学受験をすることになりそうです。

 

夫も私も中学受験とは無縁で、田舎の進学校?(全国でみたらレベルは高くない)へは進み、大学受験をしたという感じなので中学受験ってどうすりゃいいの状態です。

 

塾に通うにも、車で30分以上かかり送迎はどうする?の状態です。

 

とにかく今できることは情報収集と基礎学力をつけることくらいしか思いつかないです。

 

図書館へ行ったらドラゴン桜があって、ごっそり借りてきました。東大合格を目指す話だけど、勉強に対する心構えや方法は参考になります。

 

東大を目指して勉強を進めていけば、かなりのレベルアップできるんじゃない?

 

将来何になるにしても、とにかく思考力を鍛えることは必要だと思うので、勉強は必要だと思うのです。

 

学歴なんてという人もいるかもしれないけれど、学歴がある人はそれ相応に努力や我慢をしていることは間違いないです。

 

夫は1年浪人を経てますが、かなりの努力・我慢をして、現役では入れなかったであろうレベルまで学力を上げました。

 

それを知っていると、学歴なんてということは言えないです。

 

話が逸れてしまいましたが、我が家では息子たちには大学に行ってほしいなと思っています。そして、本人がやりたいという仕事をしていてほしいなと思います。

 

正直、田舎なので地元の公立小中高から地元の私大に行き、地元の企業や家の家業を継ぐというのが一般的という環境です。とにかく実家からでない人が多いです。結婚後も同居や敷地内同居が一般的な感じです。

同居していない方のが珍しい方で、同居ではなく夫婦だけで生活しているというとよく頑張ってるね~と言われますから。

 

そして地元の私立大というのはFランク大学しかないのが実情です。

我が家はそのコースの選択肢はないと思っています。

 

18歳を過ぎたら、家を出て大学に通うというのは夫婦で一致した教育観です。

夫も私も18歳で家を出たので、子供たちにもそうしてほしいと思うからです。

 

田舎で少子化に伴い、高校も合併されるようになり、大学進学が可能な高校1校しかないという状態です。

 

国立大付属中に進学して、県内トップ進学校へ行くのが理想だけれど、狭き門です。

 

どういったルートに進めていけばいいのか親が悩んでいる状態ですが、少しずつ前進していこうと思います。

 

 

読んでくださってありがとうございました。